■自民瞬殺必至 小池知事がブチ上げる都議選勝利の“秘策”・・・

日刊ゲンダイ 2017年6月11日。


【転載開始】

※抜粋。

■森友、加計問題で嫌悪感が拡大

 自民は当初、小池百合子知事率いる「都民ファーストの会」を

烏合の衆とバッサリ斬り捨て、余裕シャクシャクみたいな雰囲気だった。

ところが、森友、加計問題や共謀罪など、世論無視で突っ走る安倍政治の

傲慢さに対する嫌悪感が都民の間にジワジワ浸透。さらにここにきて、

自民都議会関係者の間で、「小池知事が都議選で勝利するためのウルトラC

をブチ上げるらしい」との声が広がっているのだ。

「ズバリ、安倍首相と親しい関係にあるとされる元TBS社員、山口敬之氏の

レイプ事件もみ消し疑惑の徹底解明です。何と言っても、警視庁管内で起きた

事件ですから、都知事にも事実解明に迫る権限がある。『国家公安委員会が

動かないのであれば、私が調査する。都議会警察・消防委員会で、捜査した

当時の署員を呼んで必ず真実を明らかにしてもらう』と訴えれば、拍手喝采

ですよ。今以上に女性票を獲得するのは間違いない。自民党は瞬殺される

でしょう」(都政担当記者)


 政治評論家の山口朝雄氏はこう言う。

「おごり高ぶる安倍政権の薄汚い本性が、森友や加計問題を通じて国民、

都民にも次第に見えてきた。支持率が下がり続けているのはその表れでしょう。

そんな落ち目の自民にトドメとばかり、小池知事が都議選で秘策を打ち出す

可能性はある。彼女自身も自民に対する何らかの対立軸を打ち出す必要が

ありますからね」

 都議選後、自民党議員は果たして何人が生き残っているのか。


【転載終了】


**************************************


  加計学園についても、松野文科相のこの発言後、民進党調査チームは、

文科省事務方から事情を聴いた。

「どうして再調査と言わず追加調査というのか?」

「文書の存否」は明らかにするのか?

「速やかに」とはいつまでか?

「徹底した」とは何か?

「制度設計」とは何か?

 民進党が文科省事務方からヒアリングしたが、文科省側は何一つ答えず、

「いつまでに何を調査するかは、これから決める」と悠長なことを言い、

あげくに「国会会期内の結果報告は約束できない」と言い放ったようです。


 まあ、まじめにやる気がないのでしょうね。

LC=相棒's のじじ~放談!

時事関係や自動車関係などの記事を書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000