「8・22米朝開戦」の可能性・・・?

日刊ゲンダイ

【転載開始】

■ICBMで虎の尾を踏んだ金正恩 「8・22米朝開戦」の可能性

  2017年7月6日


 4日、「特別重大報道」で大陸間弾道ミサイル(ICBM)

「火星14」の発射に成功したと発表した北朝鮮。

ついに、トランプ政権が再三にわたって警告してきた

“レッドライン”を越えてしまった。

はたしてトランプ政権はどう対応するのか。

8月下旬、空爆に踏み切る可能性がガ然、高まっている。


 今回、北朝鮮が西岸から東に向けて発射したミサイルは、

秋田県・男鹿半島から約300キロの日本海に落下した。

最大のポイントは、通常より高い角度で打ち上げる

「ロフテッド軌道」で発射されたミサイルが高度2800キロに

達し、約40分間も飛行したことだ。


「5月14日に発射された新型の中距離弾道ミサイル

『火星12』もロフテッド軌道が使われ、通常の軌道で

あれば射程4500キロを超えていたとみられています。

今回の『火星14』は射程8000キロ前後と分析されて

います。北朝鮮からシアトルなど米西海岸の都市まで

届く計算です。米国政府は、米本土が攻撃されることを

絶対に許さない。金正恩委員長は、完全にトランプ政権の

虎の尾を踏みました」(軍事ジャーナリストの世良光弘氏)


 北朝鮮が「核実験」と「ミサイル発射」を繰り返している

のは、米本土に届く核ミサイルをカードにして、米国に

自らを「核保有国」と認めさせ、金正恩体制の保証を

取り付けるためだ。

しかし、トランプ政権は北朝鮮の核保有を容認せず、

軍事オプションを含む「全ての選択肢」を排除しないと

繰り返してきた。


 警告を無視して、とうとう米本土まで届くミサイルを完成

させたことに、トランプ政権が激怒しているのは間違いない。


 おまけに先月、北朝鮮に約1年半拘束された米大学生が

昏睡状態で解放され、死亡したことで米国内では金正恩に

対する反発が強まっている。

北朝鮮が「火星14」をぶっ放したのが米独立記念日当日

だったことも米国を怒らせた。

今後、トランプ政権はどう出るのか。


■韓国にいる米民間人は6月に避難訓練


 コリア・レポート編集長の辺真一氏が言う。

「中国とロシアが本格的に経済制裁に協力しない限り、

北朝鮮を追い込むことはできません。モタモタしている

間に北朝鮮がICBMの性能をさらに向上させる危険が

あります。実質的にトランプ政権には軍事力行使に踏み

切るか、北朝鮮の威嚇に屈するか、2つの選択肢しか

ありません。過去の行動からすれば米国がどちらを選ぶ

かは明らかです。私は80%の確率で軍事衝突が起こる

とみてます。気になるのは、先月、在韓米軍は朝鮮半島

有事の際に韓国に滞在する米国の民間人を海外に避難

させる訓練を実施していることです。8月中旬から再び

米韓合同軍事演習が予定されており、北朝鮮との間に

軍事的緊張が高まるのは確実です」


 前出の世良光弘氏が言う。

「米国はイラク戦争で長期戦に懲りています。トランプ政権

が軍事力行使に踏み切るとしたら、金委員長の斬首作戦

などではなく、物量作戦で北朝鮮の軍事拠点を一気に叩く

ことになると思います。空母打撃群を再び朝鮮半島近海に

派遣し、海兵隊や陸上支援部隊を向かわせるとなると、

早くても“開戦”は1カ月後になりそうです」


 闇夜となる新月の8月22日あたりから、日本でも一気に

緊張が高まりそうだ。


【転載終了】

*************************


 中東ではシリアの東部のクルド軍が支配している

地域にアメリカ軍は新たに7つの軍事基地を建設した

と伝えられている。


 アメリカの特殊部隊がクルド軍とラッカへ入ったとも

言われているが、アメリカのロン・ポール元下院議員は

第11海兵遠征部隊の動きをラッカをシリア政府軍より

先に占領することが目的だろうと推測していた。


 シリアでも米軍とシリア政府軍との交戦もあり得、

ロシアの出方が注目されます。


 また、中国の習近平氏が6回目のロシア訪問で

プーチン大統領と会談しています。

何を話し合ったのか?


 北朝鮮やシリア問題を話し合ったのか?


 果たして、米国単独で北朝鮮攻撃ができるのだろうか?


0コメント

  • 1000 / 1000