景気拡大、バブル期超え・・・???

時事ドットコムニュース

【転載開始】

■景気拡大、バブル期超え=消費増税でも後退せず-内閣府研究会


 内閣府は15日、有識者で構成する「景気動向指数研究会」

(座長・吉川洋立正大教授)を開き、

消費税率を8%に引き上げた2014年4月以降も景気は

後退局面に陥らなかったと判定した。

安倍政権発足時の12年12月に始まった景気の拡大局面は

今年4月までで53カ月に達し、バブル期(51カ月)を抜いて

戦後3番目の長さになったことが事実上、確認された。


 研究会は、景気の拡大・後退を判定する。

前回の15年7月の会合では、12年11月を景気の「谷」と判定。

14年4月の増税以降の景気については判断を見送っていた。


 増税後、個人消費を中心に景気は一時落ち込んだ。

しかし、吉川座長は記者会見で「経済活動の収縮が大半の部門に

持続的に波及したとは言えない」と説明。

景気後退が始まる「山」の条件を満たしていないとの考えを示した。

(2017/06/15)


【転載終了】

*******************************


 後退も何も、踊らされただけで、景気などよくなってないです。

でも、騙される国民も実際いるんですよね・・・48%も。


 景気の数値や統計を見てみれば、

経済格差の悪化や消費支出が20ヶ月も連続で減少、

消費増税があった2014年はリーマンショック以来の

マイナス成長です。


 まあ、内閣府ご用達の有識者ですから、

「大本営発表」といってもいいですかね。

LC=相棒's のじじ~放談!

時事関係や自動車関係などの記事を書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000